2017年9月29日金曜日

過去の短歌 判子の様に

神さまの名前は何か問いしのち干からびていくアノマロカリス

星月夜屋根の上には雄猫が甘い声色腰骨撫でて

この指を食いちぎる気も無い癖に判子の様に歯型を残す

正解のアンサーミックスベジタブル壊れた安直諦観食べて

童話では人生讃歌悲劇的結末語る人の優しさ

よく冷えた身体の中に稚魚を飼う明日誰かを食い尽くすよう

社会人たるもの強さを芯にして夜更けの町の怪獣となる

私たちつながる先の不等号乙女友情均一ならず

真夜中に点けたテレビの外国語一人がもっと一人になった

個包装六片チーズのいずれかに仲間に入れてほしい週末

2017年9月22日金曜日

2017年8月の短歌(2) ワゴンセール

値引き品ワゴンセールで売られてるそういう風に生きてもみたい

口元はまとまりなくも閉じて行く愚痴罵倒痴話そして人の死

コーヒーの表面眺め目を見据えやたらに脈という語を使う

流されてしまうそういう人は嫌い流されやしないあなたも嫌い

ひとり夏復習のように閉じてみてグラスにダブルカルチャード注ぐ

きらいって言うだけだったら楽なのに(君は私を好きではないの)

錆色の個人の瓦礫積み上げるどうにもならない世界よ人よ

欲張り、と太った鳩を指差して笑った骨の目立つ月日に

自分だけ都合良い夢どんなにか浅ましくって卑しいのかと

2017年9月8日金曜日

2017年8月の短歌(1) うるさい口を

不良たるゆえん棒付きアイス噛む歯型残してそういう夏で

戯れに意味なく言いたいマザファッカー結婚記念日だったね確か

さよならを告げられる日はいつもより多め重ねる白粉の雪

好き勝手すればいいでしょ赤い髪我が物顔で歩む生活

嫌いなのそういう風に火を付けて煙草の煙くゆらす夕日

針に糸通す指先爪の先そういうとうとい時をあなたと

好きになる人が自分を好きなわけありえないわけないわけないか

神様に御礼を言って今日を閉じ悪魔に夢を売って暮らそう

上を向きかわいそうって可愛くてうるさい口をふさいでほしい

駅ホーム私の邪心を詰め込むに足りない幅の黄色いライン

2017年9月1日金曜日

日記 2017年7・8月の事

そんなに面白いことはなかった。毎度の夏ながら。
ヘナ髪染めを始めた。
青春って果たしてあったのか、と疑問に思う。
短歌投稿できてないなあ。

見た映画
  • 追跡者
  • デンジャラス・ビューティー
  • ピッチ・パーフェクト
  • グーニーズ
  • パディントン
  • ベイビードライバー
  • ワンダーウーマン
  • 海底47m
  • トランスフォーマー 最後の騎士王
  • スパイダーマン ホームカミング
  • ザ・マミー
  • パワーレンジャー
  • ジョン・ウィック2
  • バイバイマン
  • ハクソー・リッジ

見た舞台
  • FUKAI PRPDUCE 羽衣「瞬間光年」

2017年8月25日金曜日

2017年7月の短歌(2) 数十回かの夏だ

 
口含む花びらびらびら虐げる余計な気分で遊ぶ月曜

悪意ってかわいいねケーキ尖塔の苺を盗むようなレベルで

鏡見ていらない楔だと思う顔はいつでも両親に似る

重たさを強さと同じと思い込む底に溜まったただの泥でも

特別な存在として飴を食む好きに気高く生きれよすべて

ひび割れの激しい指を寄せ集め淡い卑屈な祈りをこなす

誰からも好かれるような顔をして愛されたいと口唇を噛む

持つ方と持たない方に分けるだけ湯むきトマトの歯型は崩れ

付箋紙の糊並み剥がすくっつける社会生活かろうじていま

しみたれた感情なんて焼き尽くせ死ぬまで数十回かの夏だ

銀色の靴を履いたら強風が背中を押すよ魔法みたいに